ご訪問いただきまして
ありがとうございます。

横浜市神奈川区
ときめく私を叶える
幸せのアイシングクッキー教室
Fancy Rosette
ファンシーロゼット)』
講師の吉野結季(よしのゆうき)です。

ご案内中のレッスンについて
最新のレッスン情報は
こちらの記事をご覧ください。

公式LINEアカウント
レッスンの先行ご予約ができます♡
お問い合わせも
こちらより承ります♡

公式Instagram
フォローいただけると嬉しいです♡

公式Amebaブログ
ほぼ毎日更新中♡
レッスンレポートや日々の日記は
こちらをご覧ください♡

diary

ミュージカル『エリザベート』イメージのアイシングクッキー試作♡と外出自粛で思うこと

生徒さまからのリクエストで
ミュージカル『エリザベート』イメージの
アイシングクッキーを試作中です。

リクエストありがとうございます♡
レッスンでお会いできる日が
本当に楽しみです!

クッキーのデザインを考える上で
YouTubeや公式HPなど
たくさん拝見させていただきました。

もうね、うっとり~!!
いつか絶対観に行きたいです!!

ミュージカル「エリザベート」『私だけに』より

参考にさせていただいているのは
『私だけに』の演目で
着用されているドレスです。
(↑にわか知識なので
書き方等間違っていたらご指摘願います!)

もとのお衣装が繊細で
素晴らしいだけに
なかなか納得のいくものに
仕上がりません。

あーでもない、こーでもないと
娘が寝た後に夜な夜なアイシング♡

イメージ通りに仕上がらないのは
すっごく悔しいけど
黙々とアイシングをたしなむ時間は
本当に楽しくて幸せです♡

まず初めに仕上げたのは
こちらのドレスでした。

とInstagramのストーリーで
つぶたいたら

すぐに資料を送って
くださった生徒さま♡
嬉しかったです♡

再びリベンジ!

でもやはり再現するのは
今の私の技術では難しい~!!

トリコミックス」というお砂糖で
レースを作ってみたり…
(初挑戦で見事に玉砕でした!
コロナが落ち着いたら
マスター講座受講したいな♡)

何回もやり直しをしましたが
最終的には可食紙
ウエファーペーパー」に
刺繍のアイシングをほどこした
こちらのクッキーで妥協しました。↓

うーーん、
シュガーペーストの方が良かったかな…。

せっかく資料をお送りいただいたのに
どうしても再現が叶わず、
申し訳ありませんでした。

これに懲りずに
また絶対挑戦します♡

ありがとうございました!!

ここからは、
ちょっと独り言…。
お時間のある方だけ
ご覧ください。

参考にしたのは高校生の時に購入した本でした。

日本ヴォーグ社『わたしのドールブック』シリーズが使える!

さて、2つめのクッキーの
フロント部分の刺繍は
日本ヴォーグ社の
わたしのドールブック』という
ジェニーちゃんの洋裁本を
参考にしました。

高校生の時に購入したこちらの本。
まさかまた活用できる日が来るなんて♡
大事に取っておいてよかった!

刺繍の図案なども載っていて
サイズ感もクッキーにぴったり!
アイシングと照らし合わせて読むと
とても面白いです◎

いまは廃盤になっていて
本屋さんには並んでおりませんが
図書館などで見かけたこともあります。
気になる方ぜひお手に取ってみてくださいね♡

白血病を乗り越えて。振り返れば人生で無駄な時間なんてない♡

『人形の洋服作り』で闘病生活をたのしい日々に!

私は17歳の時に
急性骨髄性白血病』という
血液のガンに侵されました。

抗癌剤治療のため
高校を2年休学。
闘病生活を送りました。

スマホがなかった当時。

体調が良い時は
病院のベッドの上で
この本を片手に人形の
洋服作りを楽しんでいました。

ハンカチ大の布地があれば完成する、
お手軽さ、可愛さ。
それでいて型紙はなかなかのマニアック度。
どんどん深みにハマっていきました。

いまのアイシングと同じくらい
夢中になって
毎日ちくちくと縫っていました。

その時に小さくて可愛いものを作ることが
好きなんだな、と新しい自分を発見しました。

洋裁を通してファッションも好きになり
Emily Temle cuteなど
ガーリーなブランド服のカタログを
眺めてはうっとりとため息をついていました。

私のクッキーデザインは
この時の経験に
かなり影響されているんです。

関連記事↓

5月レッスンは【ガーリーストロベリー】アイシング♡ただいまサンプル作成中! [jin_icon_pen color="#e9546b" size="18px"]4月7日追記 新型コロナウイルス感染拡大防...

(5月のレッスンはやっぱり難しいかなぁ~。)

辛いこともあったけど、幸せだったことの方が多かった!

家族や友人にも
本当に心配をかけてしまったし、

周りの同級生が
大学に進学していくなか、
私だけ時が止まった感覚で
もどかしい気持ちもあったけれど

その時の経験が
いまの私に繋がっているのかな
と思っています。

痛かったこと、
怖かったこと、
悔しかったこと、
たくさんありました。

でもその分、
家族の愛情を再確認できたし
友人との絆も感じました。
看護婦さんも妹のように
可愛がって接してくれた。

また、退院後は2年遅れで高校に復学。
2つ年下の妹と双子のように
学校に通えて楽しかった!
夏休みの宿題移しあいっ子したりね♡
先生ごめなさい!笑

それから、新しい学年で
今の夫とも出逢うことができました。

闘病生活の2年間は
私の中で決して無駄になっていません。

「今」を振りかえり笑顔で笑える「未来」がきっとある!

コロナウイルスの脅威に
私たちの日常生活は
まだまだ戻ってきそうにありませんね。

4月から保育園に入園する予定だった娘も
しばらく通園を見送ることになりました。

コロナウイルスの影響で
対面レッスンの在り方も見直さなければ、
と考えています。

まだスタートをきったばかりの
私の教室。

本当は今年度からフルパワーで
行動したいと決めていたので
やりたいことができず
焦る気持ちもたくさんあります。

でも、長い人生だから
思いがけず休憩を
余儀なくされる時もあるのかも。

何が言いたいかというと、
いま外出自粛を余儀なくされて
前に進めずにモヤモヤする日々も
いつかきっと笑って振り返られる時がきます。

きっと、健康のありがたみは
実際に闘病してみないと
体感できないものなのかもしれません。

でも、命あってこその人生です。

ご自分の健康・
ご家族の健康を第一に考えて
前向きに今の時期を乗り越えましょう!

まとめ

なんだか最後は
よくわからない方向に
記事が飛んでいっちゃいましたね。

当時の本を見て
アイシングをしていたら
想いがあふれてしまって…♡

みなさん、どうぞご自愛して
お過ごしくださいね。